自己紹介

建設業は工期に追われて忙しい!
特に12月~3月なんて地獄だ。

まず、僕は家族が大好き人間である。
なので、1秒でも早く家に帰りたい。

資格取得が求められる時代になった。
入札条件、管理者要件など様々だ。
資格手当の格差も大きく、給与へ直結する。

僕は基本アホだ!

学歴もない。
しかし、独学での資格取得を頑張っている。

最近ようやく資格取得の成果もでた。
なんと、直属の先輩の年収を超えた。

 

1.建設業界で働いている

僕は建設コンサルタントに勤務している。

入社後は、測量部に配属された。

当時は、公共工事が盛んだった。
測量の仕事量は信じられないほど膨大だ。
何度、死線を超えそうになっただろうか!

ひどい業界である。

現在は、公共事業の予算は削減されている。

建設業界の仕事はどんどん減少だ。
測量の売り上げも、もちろん激減している。

測量の仕事が全然ない!
他の部署を手伝わないと、給料がでない。

「交通量調査」
「点検業務」

出来ることは、なんでもやっている。
測量だけでは食べて行けなくなった。

▼仕事は好きか?

測量の仕事は好きだ。
点検業務も好きである。
でも正直、会社は嫌いだ!

理由は男社会なので、パワハラが多いからだ。
また、残業や休日出勤が異常すぎる。
だから、大嫌いだ!

将来的には、独立と考えている。
しかし、今はまだ独立する勇気がない!
資金もない。

 

 

2.資格取得の動機

先に述べたが、測量の仕事が激減している。
また、仕事が多様化している。

会社では資格取得を推奨した。


資格がなければ、恥ずかしい年齢だ。
資格がなくても仕事ができる人がいる。
会社の仲間には認められてるかも知れない。

しかし、対外的には資格で示すしかない。

手遅れになる前に資格勉強する決意をした。
残業して、長い時間働いても給料は増えない。
それどころか、給料は同じなら長時間働けば働くほど、時間換算あたりの給料は下がる

資格勉強なら勉強するほど、実力がつく。
真剣に取り組み、結果を出せば、無駄に長時間働く以上に、給与や働き方などが、優遇される場面が増えてくるだろう。

 

3.資格取得に学歴は関係な

僕は大卒ではない。
勉強なんて大人になってしたことがない。

だが、独学で勉強し、全て一発合格してる。
勉強方法は、このブログに書いていく。

▼人はやらなかったことを後悔する。

最初は資格取得が重荷となり大変だった。
でも、勉強してよかったと思う。

勉強を習慣化できたことが、最大の宝だ。

勉強をしなかったらきっと後悔してたと思う。

少しの時間でも継続すれば大きな力になる。

 

4.年収について

年収は現在600万円前後である。
自分の学歴や能力では、年収は良いと思う。

一般的に業界では、年齢+100万円らしい。

40歳なので、一般的には500万円程度だ。

僕は平社員だ。
わが社では、全員が管理職扱いである。
なので残業や休日出勤がつかない。

この微妙な仕組み、ブラックっぽいだろう。
だから、現在の年収が妥当なのか分からない。

 

5.保有資格について

今のところ全て一発合格できている。
毎年1~2は取得している。

 

平成30年10月現在測量士
TOP(交通工学認定)
2級土木施工管理技士
1級土木施工管理技士
河川点検士
RCCM(道路)
RCCM(鋼構造及びコンクリート)
道路橋点検士

6.今後の受験予定資格

建設関係ではない資格も取得もしたい。
漢字検定なんかも受けたい。

 

7.ブログのこれから<

ブログで、僕の勉強方法などを紹介したい。
また、仕事上での本音をぶちまけたい!

 

こちらも合わせてどうぞ1)勉強時間あるか?→勉強時間の確保
2)勉強する準備は→試験勉強は形から